足の裏全面で地面を確かめながら歩いてみましょう

身体のバランスを確かめる為、かっこ良く歩く為に
普段歩く時、足の裏全面で地面を確かめながら
足の裏全体で地面を優しく撫でるように歩いてみましょう!

内股、がに股の方は後ろに引いた足が地面を離れたときに
ブルルンとつま先が内外にぶれることがわかると思います。
ウォーキングスタイルが悪くなります。
スタイルを崩す原因にもなります。

路面が凍っている時や滑り易い時には
小股でパタパタ歩きでもかまいませんが
普段の歩様は、踵で着地が基本です
踵で着地できないと言う人も結構います
あと5センチでいいです、前に踏み込んでみましょう
それでも難しい人は、うつむきすぎていないか?
上半身が前に倒れすぎていないか?
へっぴり腰になっていないか確かめてみましょう。

後ろ足。
後ろに引いた足では、最後に人差し指の先が地面から離れるのを
確認しながら歩いてみましょう

もう一つ!
股関節の動きを確認しながら歩いてみましょう。
太もものチカラではありません。
骨の付け根、関節がしっかりと動いていることを確認しながらです。
意識するところを間違えないように!

背筋をまっすぐにすればバランスが取れて、無駄なチカラを抜くことが出来、
綺麗に少し大股で歩くことが簡単に出来ます。
無駄なチカラが動きの邪魔をします!
出来れば膝も内外を向かないようにすると股関節をほぐすことも出来ます。
足指の冷え性対策に効果大!
腰を保護することも出来ます。
全身を使ってしなやかに歩くことが出来るようになります。
太ももが筋肉パンパンの方(太ももの筋力だけでの歩きを改善しましょう)
ひらべったく横に広いお尻でこれ以上横にひろげたくなーい!
このせいでスーツのサイズをワンサイズ挙げないとダメーの方、
ひざ下だけでペタペタ小股歩きを直しましょう。

踵の中心から人差し指の指先までで地面を撫でるように歩きます。
内股、がに股の人にも通用する歩き方です。
もし、足首、膝、股関節に痛みを感じたら、いつもどおりの歩き方に戻しましょう。
少しづつ矯正すること。
身体に動きを覚え込ませましょう。

無駄なチカラを使うと、いつもの癖の動きをしてしまい
いつもの癖の動きでできた疲れや歪みは取れにくいです。
正しい動き、骨格に整えてからパワーウォーキングをしましょう。

sssss

関連する記事▼:


コメント

足の裏全面で地面を確かめながら歩いてみましょう — 1件のコメント

  1. ピンバック: 西宮癒しヨガサロン ハーティーノーツ » Blog Archive » ヨガサロン ハーティーノーツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.