◆ボディコントロール その1

先日、自律神経失調症についてのセミナー?に

いってきましてん。

老若男女、関係なしに

最近の一般人はほとんどの方に兆候が見られるとのこと

 

自立して働く神経の失調ですね

そのため身体の機能にエラーが出てしまう

でも、お医者さんに看てもらっても「正常です」と言われてしまう

原因の分かりづらい花粉症も失調症なんじゃないのと思います

 

施術方法に催眠療法というのがありました

ヨガですね。

 

僕の思う「ヨガの神髄」は

体を柔らかくすることがヨガじゃない。柔らかくても不健康な人は不健康。

ボディコントロールです。

綺麗なポーズを決めることじゃない。

ポーズをとるまでの過程。自分の骨の動きにどれだけ意識を向けることが出来るか

全ての骨が正常に動いているか、

今の自分の骨、一つ一つまで意識を向けて精神集中。マインドコントロール。

柔らかいお肉に意識を向けてコントロールするのは難しい。

頭の中ではまっすぐだと思っていても端から見たら前後左右に大きくゆがんでいたりする

間違ったチカラの癖が邪魔をする。

癖が疲れや痛みを生む歪みを作ってしまう。スタイルまで狂ってしまう。

 

自分の身体、骨一つ一つの動きに意識を集中(精神集中)することによって

数時間だけ日常生活の意識(雑念)から遠ざかる事が出来る。

結構難しい、意識のON、OFFが出来る。(結構重要!!)

ずっとONの人は眠れなくなる。筋肉も緊張しっぱなし。

意識のON、OFFが出来ればぐっすり眠れる。気分もすっきりする。

 座禅もその作用がある物と思います。

 

自分の身体の一つ一つまで意識が出来れば

滞っている流れも促すことも出来ます。

固く動かない関節(骨)の周りの筋肉は働かず、流れが滞ってしまいます

(筋肉の働きは動きだけじゃ無いですよ!流れを促す役目も持ってます)

 

流れが出来ればむくみも冷え性も快方に向かいますね

 

ヨガには、こんなすばらしい効果があるということ分かってもらえたでしょうか?

これだけでもココロとからだのスタイルアップは出来るのですが

もう一つ、重要な意識の持ち方というのがあります。

文章が長くなってしまったので次回に解説します

 

関連する記事▼:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.