自分の身体、地球人であること、呼吸を理解すれば疲れは和らぎます

身体の疲れが取れない人、調子が悪い人は
落ち着いて自分の身体を確認、理解する時間を持ちましょう。

人の身体は千差万別!
自分の身体を理解することが大事です。

落ち着いて考えないとこの文章も理解不能になってしまいます。気を付けて!
自分の身体で確認しながら読んでみましょう。

多くの人が、身体の疲れ、コリを取ろうとストレッチを行うときに
無理なチカラをかけています

筋肉のチカラは、骨の動きのサポートをしますが
骨の動きの邪魔をするときも多々あります。

たとえば、簡単な体前屈。
股関節の柔らかい人は、股関節が硬い人は腰骨を使って前屈をします
腰骨を使って前屈する人は、ウーンウーンと「もっと柔らかくなれー!」って感じで
前屈をします。ウーンウーンをうなった時、あなたの身体はどこにチカラが入ってますか?
下っ腹にチカラが入っていると思います。
チカラが入って硬くなった腹筋と前屈しようとガンバル意識が対立して疲れるだけです。
もう一方の股関節が柔らかく腰が堅い人は、
ウーンウーンとうなって前屈しているとき太ももにチカラが入っているのがわかると思います
裏モモにハリを感じて痛みに耐えようとしてチカラが入る方もいます
この人は、ほぐしたい筈の筋肉にチカラが入ってしまい、逆に筋肉痛を引き起こしてしまいます

このように無理なチカラでストレッチを行うと
すべての動きにこういったチカラのエラーが存在します。
このエラーが現在のあなたのスタイルを形成し、疲れや痛みを生み出す原因にもなります
身体全体に指令を送る神経も通る背骨の動きも抑制し病気や内臓の不調なども引き起こします
お肌の調子も整います!

チカラを抜いて動きを整えればエラーは減らすことができます
ストレッチを行うときも出来るだけチカラを抜くこと!
注意しなければならないのは外部のチカラ!
人の手やサポート器具を使うときには、思わぬ方向や強過ぎるチカラが加わり
身体は耐えられなくなります!注意しましょう!
整体師などの専門医にかかるときは大丈夫ですが、素人にやってもらうときは
脱力ストレッチは危険です!

様々な姿勢を取り骨の動きを邪魔するチカラを抜いてしっかり重力を感じて腹式呼吸することで
疲れの溜まる骨の間を均等にほぐすことができます。
ほぐしたい所に意識を向けるともっと効果がわかります
身体の細部に意識を向けることで自律神経を促すことができます(重要!)
座っているときや立っているときにも出来るだけチカラを抜いて
バランス、重力を感じることで骨のバランスを整えます。
ここでバランスを感じるのは筋肉。骨を安定させるのが筋肉のチカラ!
チカラ優先で姿勢を作るとバランスは取りづらく、歪な姿勢になりかねませんよ

就寝時にも気をつけましょうね!
身体の各部にチカラを残して眠っていませんか?
疲れは取れづらいですね!
チカラを抜いたと思っていてもまだチカラは残っていることがあります。
たぶんあります。脱力は結構難しいです。

話が長くなり路線が外れそうなので今回の話はおしまいにしときます。
以前書いた話とかぶっているところは多々あると思います。スミマセン

健康を目指すことでスタイルアップ

関連する記事▼:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.