久々六甲摩耶山トレッキングハプニング

久々に六甲摩耶山トレッキングに行ってきました。
ぼくのお決まりのコース
杣谷カスケケードバレイ→穂高湖シェール道→神戸市森林植物園入口トゥエンティクロス→市ケ原布引の滝コース

最近、冠婚葬祭やら寒すぎ天候やら自転車でコケたり、怠けたり怠けたり、、、
で5,6ヶ月ほどトレッキングはお休みしていた...
黄砂でモヤっているけどいい天気チャーンスだったので一念発起!
ゆっくり登ろうと早めのスタート!
早めといっても10時30分。お気楽スタート。

この日、水量が多く水の流れもダイナミック!
小さなダムも頑張っています!
六甲の砂防ダム

小さなツツジが見頃です
山のツツジ
所々でキレイな色で咲いていました

このコースは、全て川の横を歩くコースで飽きないコースです。
川の横だけど虫は少ないです。ヘビなどの爬虫類もあまり見ません
冬には滝が凍る氷瀑も見ることができます。

穂高湖からはシェール道に入ります
シェール道は徳川道の北側の道。
どちらの道も森林植物園入口の分岐で出会います。
シェール道は広くハイキング道みたいなのですが、いつも何故か空いていて気持ちの良い穴場だと思っています
お昼ご飯を食べる休憩所もあります。土日は混んでるのかな?
お気に入りの道です。
六甲摩耶山シェール道
六甲シェール道休憩所

広いシェール道をトボトボ
途中砂防ダム手前、石楠花山の方から流れてくる小川を渡る所でまさかのハプニング!
シェール道分岐

オーノー!!
増水の為、道が水で埋まってるー!あちゃー
ここで道は分岐していて、石楠花山へ迂回して森林植物園を経由してトゥエンティクロスに行けるけど
増水でトゥエンティクロスも道が途切れていたらどないしょ?
石楠花山は階段が多いのでしんどいなぁ(膝や腰に不安のある人は、オススメしません)
なんて考えたけど、途切れてたら森林植物園からバスで帰ったらいいか。
まだお昼の1時30分。
久々の石楠花山にゴー!

分岐からはマムシ谷。
進むとかわいい名前の池があります。「かわうそ池」
獺池と漢字で書くと読めない...
かわうそ池
少しアスファルトを歩いてからまた山道に入る。
展望台まで来たら展望台広場の端を右に回っていくと道がある。
初めて行く人は道を見つけるのが大変かも!
ボクもココでちょっと道を探した覚えがある。ご注意を!
後は道なり。
アスファルトを横切ってもう一度山道。
しばらくするとトゥエンティクロス森林公園入口。

あら。森林植物園に行くのに渡る川がちょい増水!
森林植物園に行けなくなってる
しょうが無い...
この先のダム湖が増水して通行止めになってないことを祈って布引方面に向かった。
まぁ通行止めなら摩耶山に登る方向の道に進めばいける
まだ時間はある。

道にはたまにイノシシのフンが転がっていたけど遭遇はしなかった。
この辺からはチラホラとハイカーを見かけるようになってきたから
増水通行止めは無いだろう!
安心安心だったけど
トゥエンティクロス、20回ぐらい川を横断するんだろう名前。
あちゃー渡る岩が水没しちゃってる。
甘えたハイカーのボク。
慣れた道なので軽さ重視のハイキングシューズなので防水なし
しょうがないじゃぶじゃぶ濡れながら横断。靴が濡れる程度なんだけどね。
アチョー!!
つめた~い!!
いつもボクが休憩してるダム湖に置いてあるベンチに座って休憩と昼食&靴下乾かし。
止まっているとさすがに寒くなってきたので、ちょっと靴の中は冷たくスタート。

ここからは、布引貯水池を越えて楽ちん楽ちん。
布引の滝は、水量が多かったのでカッコイイ!
布引の滝
布引の滝

今は、植物も新芽を出してキレイな黄緑が広がって
野草も小さな花を咲かせて見どころいっぱい
低山ハイキングがおすすめです!

でも近場だからといって山をナメたらバチが当たります!
わかっている道でも通行止めでコースを変えなければならないなどハプニングは起こります。
しっかりとした地図と磁石は絶対に持っていきましょう。
家まで安全に帰れるルートはしっかりと把握して進みましょうね!

関連する記事▼:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください